働くママさん応援関連コラムサイト > 仕事 > 託児所があるお店ってどういうもの?
★

託児所があるお店ってどういうもの?

求人情報を見ていると、「託児所あり」「託児所費用負担」などのワードを目にしたことはありませんか?
その言葉の通り、お店が“託児所を用意している”ケースと、“託児所利用に掛かる費用の一部をお店が負担する”ケースの2パターンがあるんです。
基本的に、店舗の一室でお子さんを預かるスペースを用意してはいないため、“仕事の合間に様子を見ることができるわけではない”のが大きなポイント。
お仕事が終わるまでの間は離れていることになります。
仕事の合間

【託児所と提携している場合】
お店が提携している場所を利用することで、掛かる費用が少し安くなる場合があります。
割と近隣に託児所があることが多く、ママさん思いのお店だと帰りに送りを利用する場合はお子さんも一緒に送りますよ』なんていう嬉しいメリットも◎
ここで注意するのは「送りを利用するにはラストまでいなければいないのか」ということ。
あなたが「今日はこの時間で帰りたい」と思った時間に送ってもらえるお店と、ラストまで残ってくれた女の子だけ送ってもらえるお店があるので、問い合わせの際にしっかり聞いておくことが重要です。
また、実際に“提携”している店舗が少ないということも注意点。
“託児所あり”と記載されていても、“近くにある託児所を紹介するだけ”なんていうことも。
「いざ働こうとして違った!」なんてことにならないためにも、事前のヒアリングをしっかり行いましょう。

【託児所利用料金を一部負担の場合】
お子さんを預ける場所は自分で探して依頼しなくてはいけませんが、利用する際に掛かる料金をお店が何割か負担してくれることがあります。
その割合は店舗によって異なるため、負担してもらうために必要な条件(時間や日数)、どの程度負担してくれるかなどを聞いておくのがベストです◎

利用する際に掛かる料金